恋           

   恋は体に良い        

 恋をしているときのワクワク、ドキドキ感が脈拍を速め、手に発汗を起こし、瞳孔を広げて胸騒ぎを起こし、心臓の鼓動を速め、感受性を高めて幸福感をもたらす。
 恋の化学反応(フェニルエチルアミン・アドレナリン・エンドルフィン)の科学物質が作用し、恋をしている人は健康になって、あまり病気にかからなくなる。
 快楽ホルモンこと、βーエンドルフィンは女性を綺麗にする効果があり、ダイエット作用もある。健康で綺麗になるには恋するのが一番。

 好きな人、大切な人が存在するだけで、ツキが回ってくる気がする。その人のため、辛いことがあってもガンバロウとする。

 大切な人の存在が自身の幸運につながっていく。




トップへ
トップへ
戻る
戻る