指輪のおまじない

☆ 夜の暗示 ☆
1、命令暗示法。二人称の暗示(手鏡を用意する)

自分と鏡の中の自分、これが二人称である。鏡の中に写った自分の顔の眉間あたりに向かって次の言葉を言う。「私は○○年○月○日に結婚する」と命令する。して「神様結婚させてください」とお願いしてはならない。お願いは人に頼ったりする依存心を植えつける元となり、潜在意識は他人事には正しく動かない、その結果願いが叶わない。あくまで自己の責任で自分に命令する、これが命令暗示法である。自己の責任で自分に毎日強く命令することにより、その願いや考えが宇宙の力、潜在意識に段々と反映され、細かい段取りを潜在意識がとってくれる。そして潜在意識は、あなたがその日に結婚するための今日一日の心構えを訓示してくれる。目標とした結婚の日まで、あなたは充実した日々の務めを果たすだけである。
2、指輪のセレモニー (指輪のおなじない)

 結婚指輪を用意する(イミテーションでよい)
あなたの結婚式の指輪の交換をイメージをイメージしな
がら指輪をはめる。

続いて結婚式をイメージする。
     ↓
 
3、結婚式のイメージ

さあ!自分の結婚式をイメージしよう。式場は教会がい
いのか唯識ある神社仏閣がいいのか、あなたが望む
式場をイメージしてください。その日に参列する自分の
両親、兄弟、親戚、友達、彼の親族友達。みんなが祝
福している姿をイメージしましょう。毎日イメージすれ
ば、そのシーンが映像のようにあなたの潜在意識に写
しだされるでしょう。そうしてイメージされた映像は、当
日まったく同じものとなります。(マーフィー博士の談)

さあ、指輪をはめながら、結婚式をイメージしながらあ
なたはリラックスして眠りにつきましょう。
朝の暗示
4、断定暗示法

朝目が覚めたら、まだ外界と接しないうちに暗示をする。指輪を確認しながら「私は結婚した!」と断定しよう。


トップへ
トップへ
戻る
戻る